オフィスデスクの役割|職種に応じたものを選ぶ

男性

最新記事一覧

仕事で使う机の選び方

オフィス

収納のない机が人気

オフィスで仕事を行う場合は、業務で使用するためのオフィス家具を使用する事になります。その中でも重要になるのがオフィスデスクです。仕事を効率的に行う場合には、オフィスデスクが重要な役割を果たすため、慎重に選ぶ事が好ましいです。形状としては、サイドに収納のない机が好まれていて、収納はサイドワゴンを使用します。机に収納がない事によって、席を移動する時にサイドワゴンを移動するだけで済むため便利です。また個人で会社を行っている人は、テーブルのようにシンプルな形状のオフィスデスクを使用する事が多いです。シンプルな形状のオフィスデスクは木製の製品が多くありますが、スチール製に比べると耐久性が落ちるため注意しましょう。

職種によって机を選ぶ

オフィスデスクの天板は色々な種類の形状があるため、使い勝手の良い形状の天板を選ぶ事が大切です。事務や営業の仕事では一般的な形状の天板を使用する事が多く、デザイナーやシステムエンジニアなどは、お洒落な形状の天板を使用します。職種によって天板の形状を変える事によって、仕事の効率を高める事ができます。また、仕事でパソコンを使用する事務作業は、オフィスデスクの奥行きが大切で、パソコンを快適に使用するには70センチ程度は必要になります。最近では一体型のパソコンが販売されていますが、そういったパソコンは奥行きが60センチもあれば十分です。オフィスデスクの幅はパソコンを使用しない時代は幅が狭かったですが、最近では仕事でパソコンを使用するため、幅の広いタイプが主流となっています。

用途に応じて使用できる

微笑む男性

パーテーションは自由自在の空間演出が可能なオフィス用品である。オフィス以外にもマッサージ店や病院、店舗などでも利用されており、多くの人に求められているものだ。素材やパーツもたくさんあるところが魅力でもあるだろう。

読んでみよう

レイアウトを自由に変更

PCを操作する人

オフィス用物件の間仕切りにパーテーションを使用すれば、自由に間取りを変更できるメリットがあります。パーテーションを活用することによって、どんな物件も利用者にとって使い勝手が良くなります。ただし、物件の管理者に設置の許可を受けることが必要です。

読んでみよう

会社の仕切りとして

パソコン

間仕切りには、購入者が簡単に組み立てを行うことが出来るローパーテーションと、購入者の希望を聞き取って、要望通りのオフィス空間を施工者が作り上げるハイパーテーションがあります。またパーソナルスペースを考慮して快適なオフィス空間を作るために、パーテーションを利用する場合もあります。

読んでみよう